レビトラを継ぐジェネリックの本音!変わらない効き目と価格の差

レビトラの特徴

レビトラとは、黄色みがかったオレンジ色が特徴の円形の錠剤となり中身の成分自体は白い粉末が特徴の薬になり、また国内では薬価の基準が未収載となる薬になり、国内の医療機関においては何処に受診しても自由診療となる事も特徴であり、これはED治療薬の内服は健康保険が適応出来ない事を意味し係る費用は全て自費での負担となります。

また2004年の六月にレビトラの5mgと10mgの二つの規格が登場し、遅れる事一ヶ月後に20mgでの規格が登場し、これらはバルデナフィル塩酸塩水和物含有量を示したもので、20mgを例にとると一錠の全体が23.705mgとなり、この中に本成分が20mg配合されているという事になり、成分はあくまでも局所的作用を持つに留まり、性的な外部刺激を必要とし、リビドー亢進の効用や催淫作用、またはSTD予防等には一切作用は無く効果を発揮する為には性的な出来事を必要としています。

またこれは第二世代の薬剤になり、バイアグラを改良して誕生した薬剤となるので比較して若干、性交前後に食事を挟む事があっても食事により効き目が左右される事は少ないとされますが、脂を多く含む肉や魚類の摂取、満腹状態や多量のアルコール類の摂取後に投与しても本来の効き目よりも落ちる事やまたは作用を示さない事があるので、やはり内服前後で食事を挟む事は控える事が推奨されています。

レビトラの最大の特徴は他にED治療薬が二剤ありますが、即効性が最もある薬剤とされ内服後0.3時間程で効き始め刺激や興奮があれば勃起状態を起こす事が出来る様になり、またTmaxに至るまでに0.7~0.8時間程度とされるので一時間もかからないとされます。

また20mgの内服であれば効き目は最大でも十時間は持続させる事も出来るので余裕を持った性交を営む事が出来ます。

本剤には剤形等に多少の違いがあるもののレビトラジェネリックとしてジェビトラという製品が登場しており、保険の効かない国内での治療継続が難しいと考える方にとって役立てられまたジェビトラは同一成分になるのでレビトラジェネリックの安全性も比較的高いとされます。

また国内でのレビトラジェネリックの購入は難しく主に個人輸入代行サイトを利用してでなくてはジェビトラなどを購入することが出来ません。